おれが嫁と交わした2つの約束

スポンサーリンク

f:id:kirinnox:20191211215420j:plain

 

サブブログに書いたけど、コチラにあげます)

 

昨日書こうと思ったのだけれど、予定を変更してくだらない事を書いてしまいました。

 

今日は少し真面目に書きたいと。

 

おれの嫁は、まぁ最高の嫁です。

 

そんな嫁とおれは、2つの約束を交わしました。

 

1つは、7年前。付き合いはじめたときに交わした約束。

 

「大事な話はLINEやメールでしない。」

 

これは、当時21歳のおれの人生経験から導かれた戒めでした。

 

例えば、別れるだの、別れないだの。

将来の話だの、お金の話だの、込み入った、深い、人生の根幹に関わるような話し合いを文章でするとかなりの確率で、悪い方向にいきます。

 
 

21歳のおれはそれを身にしみていました。

 

だから、最初にこう言った。

 

「大事な事は直接話そう。絶対LINEやメールで話してはいけない。」

 

詳細は書きませんが、この一言がなかったら、おそらくおれの嫁は今隣にはいないと思います。

 
 
 

もうひとつは

 

「おれの方が1秒でも長く生きること。」

 
 
 

正直、おれは死にそうですw

 

社会不適合

 

弱くて繊細な精神

 

そして、自殺への興味

 
 
 

自分でも、自分の魂や、体や脳みそが、長生きに適していない事は感じています。

美学的にも、細く長く生きるよりも、太く短く生きたほうがカッコいいと思っちゃうタイプです。

 
 

しかし、嫁を悲しませる事はできない。

嫁には感謝しかない。

 
 

私は結婚した事をこれっぽっちも後悔したことがありません。 というか、私の人生で一番良かった事と言えば結婚した事で。 私の人生の一番の成功は、良い嫁を持ったことで。 私の人生の一番楽しかった出来事は、嫁と過ごしている、今の日々です。

【個人的見解】結婚のメリット・デメリット【結婚最高】 – キリンノックスの日記

 
 

正直、この約束守れるのか?と思うこともある。

体調が悪いとき、精神が悪いとき、きっとこの約束は守れないだろうと弱気になることもあるし「約束を守れないかもしれない」と口に出して言ったこともある。

 
 

しかし、貧乏でも、苦しくても、かっこ悪くても、雑草を食ってでも生きなければいけない。

嫁を悲しませる訳にはいかない。

 

生きることをもって恩返しとしたい。

 
 

コメント

  1. cotovol より:

    そんな約束交わしたんだ?

  2. kirinnox より:

    このような約束を交わさせていただきました。

  3. life-memo123 より:

    40代の面白いお兄さんが言っていました
    ちんこと同じ
    太く短くなんて良い事はない
    細くて長い方がすべてにおいて最高だ

  4. kirinnox より:

    さすが40代ともなると経験量が違いますね。

タイトルとURLをコピーしました